ブロムシュテット音楽祭2017

今年もブロムシュテットが来日する時期がやってきた。ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートを3つたて続け。並行進行中のベートーヴェン交響曲全曲演奏会とは別にドイツ音楽のオンパレードで固めたプログラム。

3公演通して、N響に客演するときの偉大な指揮者・ブロムシュテットさんじゃなく「カペルマイスター」としての彼の顔を見た(聴いた)気がする。今世界でブロムシュテットさんのやりたいことを最もよく実現できるオーケストラ…などというのは僭越か。(以下各公演の感想。)

続きを読む →

ブロムシュテット2度目のベートーヴェン全集【CD感想】

9つあるベートーヴェンの交響曲を一つにまとめた交響曲全集は数多ある。優等生から問題作まで群雄割拠するベートーヴェン交響曲全集界にまた一つ珠のような録音が現れた。ブロムシュテット指揮・ゲヴァントハウス管弦楽団のそれである。ブロムシュテットの古希を記念して発売された今回の全集には、老獪な巨匠指揮者が若者に残した置き土産などという趣は一切ない。あるいは往年の論争的指揮者が人生の黄昏にたどり着いた円熟というのも違う。今回の全集には、ただただ丹精込めて練られた楽譜解釈に基づき奏でられた、すべての音符が詰まっている。

(投稿時点でTwitterを見渡すにこの全集を手にしている人がまだ少ない。当然感想文が少ないので、購入を迷っておられる方の一助となれば、と書いてみることにした。感覚で書いているので、役に立たないかも知れないがご容赦。)続きを読む →

夏のザ・グレート祭り

先日CD屋さんに行ったところ、お盆だからか500円以下100円均一セールだった。ということでシューベルトの9(8)番を2枚購入。

・ラトル/ベルリン・フィル EMI 2005

ぞくぞくする。

・ブロムシュテット/サンフランシスコ交響楽団 DECCA 1993

明快温暖。

WP一新

PHPのバージョンを上げたところうまく動かなかったのでWordpressそのものを入れ直した。内容を作り直すまでに少し時間がかかる。